脳卒中

くも膜下出血 コイル治療について

投稿日:2018年12月8日 更新日:

今回はくも膜下出血の再破裂予防のための手術として、カテーテルの治療であるコイルの治療について述べたいと思います。

 

カテーテル治療

カテーテルとは血管の中を進める細い管と思ってください。多くは太ももの付け根の動脈に太いカテーテルを入れて頭の中の血管にカテーテルを進めていきます。

 

コイル治療

先に行くほど血管は細くなっていくので、カテーテルも太いカテーテルの中により細いカテーテルを通して頭の中の細い血管に進めていきます。一番細いカテーテルの先端が動脈瘤の中に収まったら、そこからコイルを出していきます。コイルは針金が絡まったような感じのもので、動脈瘤の中にクシャクシャになりながら収まります。これを何本か積み重ねていくことで動脈瘤の中に詰まっていきます。ある程度詰まったら手術終了で、その後はそのコイルに血の塊ができていってやがて動脈瘤は潰れるというシナリオになります。

 

コイル治療のメリット、デメリット

コイルのメリットは開頭手術のクリッピングと異なって脳を傷めずに済むということがあります。しかし、カテーテルのついた血の塊が飛んで脳梗塞になったり、カテーテル自体が血管の壁を痛める恐れもあります。
カテーテルでコイルの治療を行うか開頭をしてクリップの治療を行うかの選択は、患者さんの状態や年齢、動脈瘤の大きさや場所や形、術者の慣れなどいろんな要素を総合して決定されると思ってください。

 

 

脳梗塞 脳出血 くも膜下出血【電子書籍】[ 高木 誠 ]

価格:1,555円
(2018/12/10 15:23時点)
感想(0件)

脳出血・くも膜下出血診療読本 [ 豊田一則 ]

価格:7,128円
(2018/12/10 15:23時点)
感想(0件)

-脳卒中
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脳出血の症状

よく「脳出血が心配で病院に来ました」という患者さんがいらっしゃいます。どのような場合に脳出血を心配するべきでしょうか? 脳出血の症状 脳出血の症状にはどのような症状があるか考えてみましょう。 脳出血は …

くも膜下出血 正常圧水頭症

水頭症とは くも膜下出血の慢性期の合併症として正常圧水頭症があります。水頭症とは髄液という脳を保護する頭蓋内の水が脳内の脳室という空間に溜まる病気です。だいたいくも膜下出血を発症してから1−2ヶ月頃に …

くも膜下出血 血管攣縮

くも膜下出血後の血管攣縮 くも膜下出血をおこして、まず再出血を防止するために手術をしたとしてもそれでくも膜下出血の治療が終わるわけではありません。くも膜下出血をおこしてから4日から14日(2週間)の間 …

めまい

めまい めまいの患者さんは救急車で来られることも多く、患者さん自身もつらい症状です。めまいに伴って吐いたり、吐かなくても強い吐き気を伴う場合が多いです。   めまいの種類 めまいと一言でいっ …

no image

警告頭痛

はじめに くも膜下出血は脳動脈瘤が破裂することで起こる死亡率の高い怖い病気ですが、その脳動脈瘤の症状として注意すべきものに警告頭痛があります。 動脈瘤が破裂するとくも膜下出血を発症しますが、その際の典 …

ピンクゼリーがすごいって知ってる?

一人目は男の子だったから二人目は女の子がいいなあ。。
そう思っているお母さん

産婦人科医が共同開発した女の子を産み分けるゼリーがあるんです!

気になる方はこちらから



ヤフーショッピング

研修医のおすすめ本

研修医におすすめの当直本

当直医マニュアル ポケット版

当直医マニュアル(2018) [ 井上賀元 ]

価格:5,400円
(2018/12/13 12:03時点)
感想(1件)

お名前ドットコム

よろしければクリックお願いします↓

よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ