脳卒中

Infundibular dilatation 漏斗状拡張

投稿日:

Infundibular dilatation(漏斗状拡張)とは一見動脈瘤と思いきや実は先から血管の枝が出ていて、「動脈瘤ではなく血管の分岐部の膨らみでしたね」というやつです。

基本的には破裂する心配はないので経過観察しますが、まれににこのInfundibular dilatation(漏斗状拡張)が破裂したという論文もあるので本当に経過を見ていいのかどうかという議論もあります。

 

Infundibular dilatation(漏斗状拡張)に関する論文紹介

今回はそのInfundibular dilatation(漏斗状拡張)を治療すべきかどうかについて書かれた論文を紹介します。

World Neurosurg. 2018 Dec 18. pii: S1878-8750(18)32817-1. doi:10.1016/j.wneu.2018.12.007.

 

この論文では、Infundibular dilatation(漏斗状拡張)と関連のあるくも膜下出血に関する文献をレビューしており、Infundibular dilatation(漏斗状拡張)を治療する必要があるかどうかを論じたものです。

結果的には、くも膜下出血に関連したInfundibular dilatation(漏斗状拡張)の症例は大部分がInfundibular dilatation(漏斗状拡張)自体の出血ではなく、Infundibular dilatation(漏斗状拡張)近傍にあった真の動脈瘤からの出血であったことがわかりました。

この論文の結論としては、Infundibular dilatation(漏斗状拡張)自体は治療の必要はなく、Infundibular dilatation(漏斗状拡張)に関連する動脈瘤は治療したほうが良いとなっていました。

 

関連論文

Infundibular dilatation(漏斗状拡張)の近傍に新規動脈瘤ができて、それが破裂してくも膜下出血になったという症例もありました。参考文献

 

まとめ

これらのことを考えると、例えば脳ドックでInfundibular dilatation(漏斗状拡張)が見つかった場合は、それ自体は治療しなくてもいいけど、その近傍には動脈瘤ができるかもしれないからフォローは必要ということですかね。

 

なにかご意見があればお願いいたします。

-脳卒中
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

脳梗塞の症状

脳梗塞とは? 脳梗塞は脳の血管が詰まってその先に血流が行かなくなるため、その血管が栄養している脳の細胞が壊死してしまう病気です。   脳梗塞の症状 脳には場所によっていろんな機能が割り当てら …

脳出血の予防

今日は脳出血の予防について書きたいと思います。   脳出血の原因 脳出血の原因のほとんどは高血圧によるものとされています。血圧が高いと脳の血管が変化して脆(もろ)くなります。そこに圧がかかり …

めまい

めまい めまいの患者さんは救急車で来られることも多く、患者さん自身もつらい症状です。めまいに伴って吐いたり、吐かなくても強い吐き気を伴う場合が多いです。   めまいの種類 めまいと一言でいっ …

脳卒中患者さんの深部静脈血栓について

今回は脳卒中患者さんにおきる深部静脈血栓について書きたいと思います。   深部静脈血栓とは 深部静脈血栓とは「エコノミー症候群」として知られている病気です。エコノミー症候群は飛行機のエコノミ …

内頚動脈狭窄症について

内頚動脈狭窄症 脳を栄養する血管は前後に2本ずつあり、前2本が内頚動脈、後ろの2本が椎骨動脈です。そのうち内頚動脈が狭くなる病気が内頚動脈狭窄症です。   原因 狭くなる原因は、動脈硬化によ …

ピンクゼリーがすごいって知ってる?

一人目は男の子だったから二人目は女の子がいいなあ。。
そう思っているお母さん

産婦人科医が共同開発した女の子を産み分けるゼリーがあるんです!

気になる方はこちらから



ヤフーショッピング

研修医のおすすめ本

研修医におすすめの当直本

当直医マニュアル ポケット版

当直医マニュアル(2018) [ 井上賀元 ]

価格:5,400円
(2018/12/13 12:03時点)
感想(1件)

お名前ドットコム

よろしければクリックお願いします↓

よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ